腸内細菌と便秘について

便秘というのは腸内で便が溜まってしまう状態の事です。

腸内細菌は、一人当たり100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が生息していて、便の約半分が腸内細菌またはその死骸であると言われています。

その腸内細菌は有用菌・有害菌・日和見菌(ひよりみきん)の3種類に分類されます。

有用菌は善玉菌のことで、代表的な菌をあげると「ビフィズス菌」「乳酸菌」があり消化吸収を助けたりして健康を維持、老化防止に腹タラきます。

有害菌(悪玉菌)の代表的な菌は、「ウェルシュ菌」「ブドウ球菌」「大腸菌(有毒株)」などで、発がん物質の発生や腸内腐敗を引き起こし病気の引き金になったり老化促進がおこります

日和見菌の代表的な菌は「バクテロイデス菌」「大腸菌(無毒株)」「連鎖球菌」などがあり、健康な時は特になにもしませんが、身体が弱っている状態になると、腸内で悪い働きを引き起こします。

便秘を防止するためには、腸内バランスを正常に保つ事がとても大切で、腸内に善玉菌が多い状態であれば乳酸菌により乳酸が生産され、それにより蠕動運動が活発になり、排便しやすくなります。

腸内細菌と便秘には深い関わりがあるのです。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。