痔と便秘について

以前は痔は男性の病気というイメージがありましたが、本当は、痔で悩んでいるのは女性の方が多いのではないでしょうか。

なぜなら、痔の要因になる便秘は女性の方がなり易く実際に多いということ、妊娠・出産後は痔になり易いということが挙げられるからです。

でも、痔が特殊な病気であるかと言うとそうではありません。

日本人の3人に1人が「痔主」だと考えられています。

誰もがなる可能性を持っていると分かっても、やはり、病院で診てもらうのは恥ずかしいし勇気が要りますね。

女性が痔になりやすいのはなぜか。

まずは便秘。

便秘がちだと痔になりやすいのは、便秘によって肛門に大きな負荷がかかるからです。

肛門を閉めているクッションに負担がかかり過ぎると痔核に、硬い便によって肛門が裂ければ裂肛になり、痛むことから便意を我慢する→便秘になる→痔になるという悪循環に陥るのです。

次に妊娠・出産後はどうでしょう。

妊娠すると、血行が悪化し、子宮の重みが肛門部に負担をかけてうっ血します。

そのために便秘になりやすくなります。

分娩時、いきむ時に肛門部にまで力が入って痔になりやすくなります。

出産後も、授乳で水分不足や貧血になったりで便秘になりやすくなります。

分娩時にできた痔が治りきらないという人も多いでしょう。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。