便秘になるのは30歳~50歳代女性が多い!?

女性のいやーな悩みである「便秘」。

これもお悩みランキング上位に来る症状の一つですね。

便秘に悩んでいるのは30代から50代の女性が最も多いという数字もあります。

それに圧倒的に男性よりも女性の方が便秘で悩んでいます。

なぜ女性の方が便秘になりやすいのか。

ここでも女性ホルモンが大きく関わっています。また?と思いますよね。

本当に女性はこのホルモンというものに支配されていることがよく分かります。

よく分かるからこそ、女性ホルモンの働きを見極めて、対策を講じるべきなのでしょう。

女性が便秘になりやすいのは、特に排卵後から月経の前、妊娠初期。女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌が活発になるときです。

黄体ホルモンは大腸のぜん動運動を弱め、大腸の水分吸収が活発化するので、動きが悪くなるわ水はなくなるわ・・便秘になる条件がすっかり整ってしまうわけです。

また、女性は筋力や腹筋が弱いために、内臓下垂しやすく腸を圧迫してしまったり、便を押し出す筋力が足りなかったり、ということもあります。

筋力が弱い=運動不足→腸刺激が少ない、という悪循環も考えられます。

男性でも多いのですがが、不規則な生活やストレスによって、トイレのタイミングが合っていないことも挙げられるでしょう。

ストレスやダイエットも大きな要因です。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。